体臭 予防

もうすぐ40代のアラフォーやし。

体臭はエチケットとして気を付けてるんやけどな。

ワシは若い頃から体臭で悩んどったんや。

せやけど、どうやって体臭を対策すればええんか全く分からんかったんや。

インターネットで情報を調べられるようになったし。

最近はデオドラント商品もかなり進化してきたんや。

ワシはボクシングでたくさん汗をかくんやけどな。
練習している時も周りに不快な思いをさせないために重要やな。

そこでワシが実践している体臭対策を紹介しまっせ。

汗を抑えるタイプのデオドラント商品もたくさんあるんやけどな。

ワシのようにボクシングをすると汗を抑えることは無力。。。

汗をかいてもニオイを抑える方法が必要なんちゃうか?と仮説を立てたんや。

そこで汗の発生してニオイが出るメカニズムを調べてみたんやな。

ニオイの原因は細菌が汗を分解することで発生するらしいねん。

これは誰でも同じように汗臭さとして起こりうるんやけど。

皮脂の量が多いと脂のようなニオイが目立ってくるんや。

特にワキガ体質の場合は、すっぱいような苦いような。

古くなった油のような、独特のニオイは気になるところやねん。

この不快な皮脂のニオイも対策が必要なんやな。

汗をかいた後の細菌増殖とニオイ、皮脂をコントロール

そこで1つ目の対策として「ムダ毛を処理する」という方法。

これは、体毛についた汗に雑菌が繁殖してニオイの発生が強くなる。

そんな状況をなるべく抑えるためにワキや胸、へその周りの脂っぽくなる部分。

これらのムダ毛が目立つ場合は処理してしまうと体臭も減ってくるんやな。

毛が生えていることで、デオドラント剤も毛に邪魔されて効果が減少。

せっかく使うなら、しっかりと使わな損やし見た目はこの際度外視やで。

そして2つ目の対策や「こまめなシャワーもしくは入浴」。

出かける前にデオドラント剤を使う人は多いけど、それだけでは不十分なんや。

体臭の原因は皮脂から発生することから、こまめに洗い流すのが肝心やねん。

そこで、ゴシゴシ洗わずふんわりとした泡で優しく洗いつつ。

特に耳の後ろやワキの下、胸、へそ、顔のTゾーン周辺が皮脂の多い場所やねん。

皮脂を酸化させないためにも、優しくかつ念入りにモコモコの泡で落とすのが肝心や。
せやけど、皮脂は落とし過ぎると身体から皮脂を補うために皮脂が分泌されるんや。

入浴後はしっかりとローションや保湿クリーム。

しっかりと皮脂の代わりの油分を補給することが必要やねん。
この保湿こそ、余分な皮脂が出にくい体に変化させて体臭対策として重要やで。

さらに3つ目の対策は「汗をかいたまま放置しない」ことやな。

汗をかいたと思ったら、可能な限り着替えてしまうことが大切やねん。

トイレや更衣室で着替えつつ、拭き取りシートで汗を優しく拭き取る。

さらに汗を抑えるためのデオドラントスプレーも使いたいところやな。

携帯用に小さなサイズのものもあるから便利やで?

この3つの方法を実践するだけでも、かなりニオイは抑えるれるんや。

せやけど、まだ重要なことがもう一つ。

脱いだ後の衣服の洗濯こそ体臭対策の決め手

衣服のニオイは自分が思っている以上に臭うらしいねん。

せっかく汗を抑えたり着替えたりしても、衣服自体が臭いと台無しや。

そこで、毎日の洗濯で衣服にニオイが染みつかないように気を付ける必要があるんや。

酸素系の漂白剤を使うという非常に簡単な方法やで。

酸素系なら漂白と言えども衣類の色を落とさずに。

汚れの元の皮脂をしっかりと分解して洗い落とすことが可能やねん。

体臭が気になる場合は、今日から洗濯にぜひ使うべきやで。

ワシのオススメ商品はコレやな↓

まとめ

■ワキの下、胸、へその周りのムダ毛は思い切って剃る。

■出かける前はシャワーもしくは入浴してローションや保湿クリームを使う。

■デオドラント剤は基本的にシャワーや入浴後に使う。

■汗をかいたら着替えて拭き取りシートで優しく拭き、デオドラントスプレーを使う。

■衣服は酸素系の漂白剤を使って洗濯して皮脂汚れをきっちりと落とす。

これらの体臭対策を実践すれば、周囲の人から不快に思われるのを防ぐことが十分可能。

ぜひ今日から実践して臭い男とは無縁の人生になることを祈るで~!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする